ホームページ作成費用と運用費用の相場はいくら?

ホームページを作ろうと思って、インターネットでホームページ制作等で探してみると、製作料金が数万円台のところから高いところでは100万円を超えるところもあります。

高いところと安いところの何が違うのか判らずことだらけです。

料金が安いところにも、高いところにも理由があります。

そして、ホームページに関する費用は、「製作料金」だけではなく、毎月かかる運用費用やサーバーなどの維持管理する費用をおさえておく必要があります。

製作料金を支払うのは1回だけですが、運用費用はホームページを持ち続ける限り毎月支払わなければなりません。ですから、むしろ製作料金よりも運用費用の方が重要だとも言えるかもしれません。

さらに、ページを増やしたい時に費用が発生したり、ページを直すのにも費用をとるところもあります。

今回は、ホームページの作成業者によって何故これだけの製作費と運用費用の違いが出てくるのか、また相場はどれくらいなのかを、説明します。

まずは詳しいご説明をする前に、簡単にホームページ製作料金の相場と運用費の相場の一例を一覧表でご紹介します。

ホームページ作成費用の相場

テンプレート使用3万円~10万円
サンプルをカスタマイズ10万円~50万円
完全オリジナルデザイン50万円~

ホームページ運用管理費の相場

簡単な更新とサーバー、ドメイン管理月額3,000円~数万円
内容の更新とサーバー、ドメイン管理月額3万円円~20万円
SEO対策を含めた管理月額5万円円~数十万円
見出しここに内容を書く

オプション費用等

スマートフォン対応無料~数十万円
問合せ対応無料~数十万円
メルマガ発行月額数万円~

ページ数によっても変わりますし、更新回数などいろいろな要素がありますので、あくまで目安です。

サイトの規模、機能、役割、制作工程によってはこれ以上かかる場合もあります。

10ページ程度のホームページを作成する場合は、製作費30万円以下で運用費が2万円以下が望ましいと考えます。

ホームページの製作費はどうやってきまるのか

人件費がほとんどと言っても過言ではないと思います。
ページ数が多いホームページは当然高くなりますし、写真の加工やデザインも凝ればこるだけ高くなります。

ホームページの役割をしっかり決めることが大切になってきます。
つまり、お客様が検索してお店や会社の情報を知りたい程度に考えていると数ページのホームページがあればいいですし、ちゃんと集客や問合せを受付たい場合にはそれなりの仕組みやノウハウが必要になってきます。

ホームページの目的は、「お店案内・会社案内」か「集客」のどちらなのかはっきり決めることが大事です。

お店・会社案内としてのホームページ

簡単なお店・会社案内を目的としたホームページであれば、制作費用も保守費用も安いところで十分だと思います。自分でサーバーを借りて自分で製作することもできると思います。製作を依頼した方が安くつく場合の方が多いかもしれません。案内だけであれば5万円程度でつくってくれるところは沢山あります。

決められたテンプレートに、お客様から頂いた文章と写真を入れて制作するようなホームページであれば、手間も少なく効率的に制作出来ますので、安い価格でも対応が可能になります。

ただし、ここで注意したいのが「運用費用」です。

更新がほとんどないホームページで有れば運用費用が安いことがとても重要になってきます。

製作費が安いといっても、その後の運営費用が高ければ、むしろ高額なホームページになってしまう可能性があります。

ほとんど更新をしない予定のホームページであれば、出来る限り運用費用を抑えるようにしましょう。

集客としてのホームページ

集客を目的とするホームページの場合は、情報発信が必ず必要になってきます。
自分で情報発信が可能なホームページを作る必要があります。
ブログなどをブログサービス会社のシステムを使っている方であれば、情報発信も難しくないと思いますし、ワープロやパソコンに入力するのが苦手でなければハードルはそんなに高くないと思います。
情報発信するためには、wordpress(ワードプレス)やHAIKなどのCMSの仕組みでホームページを製作するのが良いでしょう。
ただし、サーバーの管理等ではwordpressなどは進歩が早く、プログラムの更新やプラグインという機能のバージョンアップなどは頻繁にあるので自分で管理するのは少し大変かもしれません。

お店のファンの作り方

あなたのお店のファンをどんどん作る七つの方法